プログラミング独学に挫折した人にお勧めのWebスクール5選

どーも、cv0629です。

最近プログラミングに興味を持つ人が増えたと思います。仕事の幅を広げたいビジネスマンや、小学校での必修化に伴い子供に通わせたい保護者の方たちなどに人気みたいですね。

ただ独学だと何から始めたら良いのかわからない人も多いと思いますし、挫折を経験した人も多くいると思います。

今回はそんなプログラミングの勉強で迷われる人に、最適なプログラミングスクールの選び方を紹介します。

プログラミングの独学はプログラミングスクールの何倍も挫折しやすい

 

プログラミングの学習を独学で行おうと本を買ったはいいものの、その後積読状態になり学習に挫折したという経験はありませんか?

実はこれプログラミング学習あるあるなんです。

世の中にはプログラミングを学習するための問題集や参考書が数多く売られていますし、インターネットを検索したら学習のヒントはいくらでも出てきます。そのためプログラミングは独学で覚えられると考えがちです。

ところで、多くのプログラミング経験者が自身の学習を振り返って最も時間がかかったと言う時間はなんだかわかりますか?

それは『何をすればいいか分からず手を止めていた時間』です。

独学の場合、聞く相手がいなくてそのまま挫折するというパターンもよくあります。プログラミングスクールで学ぶ一番のメリットは『手を止めていた時間』を少なくできることです。

詰まってそのまま挫折、という独学の王道パターンを回避できる点にあるといっても過言ではないでしょう。

 

プログラミング独学挫折者がスクールを選ぶ際に重視すべき点

 

疑問点に対しチャットなどの手段で30分以内に回答を得られる

 

Webプログラミングスクールの最大のメリットは学習最中に詰まった段階ですぐにメンターに質問できる点です。素早い回答を得られれば「何をすれば分からない」という学習の際に無駄となる時間を大幅に削減できます。

そのために重要なのがチャット等で質問した際にすぐに回答してもらえる体制が整っているという点です。

素早い回答を得られるメリットは大きく分けて二つあります。

一つ目は「詰まっている時間」を大幅に減らせるという点です。独学の場合、もし学習に詰まってしまったら、自ら書籍やWebサイトで分からないところを調べる必要があり、これに大きな時間を使う事になります。

しかし、多くのWebプログラミングスクールの場合、その分野で実績のあるメンターからすぐに回答をもらうことができるサービスが提供されています。ノウハウを持ったメンターが大半なので何が分からないと言った根本的な問題を短時間で解決することが出来ます。

二つ目はプログラミング学習を辞めるリスクを減らすメリットです。何が分からないかわからなくなると、独学の場合どうしても後回しにしてしまいプログラミング学習自体からフェードアウトしてしまう可能性が高くなります。チャットによる回答を得ることはそのような点でも効果的です。

 

週に一回、1時間以上メンターと直接会話できる

 

メンターと直接会話できる時間が確保されているという点も選ぶ際のポイントです。多くのプログラミングスクールで週に1回一時間から90分程度のSkype等によるメンタリングが用意されていますが、より密にコミュニケーションが取れるプログラミングスクールを選ぶことが重要です。

普段の質問はチャット等により行われますが、自身の学習の方向性が大筋であっているか、どのように学習していけばいいかという指針はチャットではなかなか難しいのが現実です。

そのため、メンターとの直接コミュニケーションを会話形式で行えるサービスを選び、週ごとに軌道修正できるようにすることが、早期プログラミング習得の近道です。

スクールによっては教室を開放していたり、メンターと直接会って話できたりするスクールもあるので自分のスタンスやロケーションに合わせて選ぶことが重要です。

 

自分の目的に合ったプログラミング言語や周辺スキルを得られる

 

Webプログラミングを学びWebサービスを作りたいと思った場合、プログラミング言語だけ学んでも実際にはサービスまでは作れない場合もよくあります。

WebサービスはRubyPythonなどといったようなプログラミング言語、Ruby on railsDjangoといったようなフレームワークを使用することによりデータベースやネットワークなど面倒くさい知識を使わずにWebサービスを作ることが出来ます。

しかし、フレームワーク一つあればすべてが完結するわけではありません。ソースコードの管理にはGitなどの技術が、サーバーの管理には基本的なCUIの知識が必要になります。これらは自身が使っているコンピュータにより方法も変わってくるので、自分の目的、環境にあった技術をフルセットで教えてもらえるスクールを選択することが重要です。

 

学習時間手段に縛られず、どこでも学習できる

 

Webプログラミングスクールを選ぶ上で、学習手段や学習時間を自分に合わせられるというのも重要になるでしょう。Webプログラミングスクールごとに意外と差があるのが営業時間です。

もしあなたがプログラミングを学ぼうと思った場合、おそらく空き時間にプログラミング学習を行う事になるでしょう。そのため自分の学習環境に合わせたスクールを選ぶことが重要になります。例えばCodecampでは7時から24時という幅広い営業時間を売りとしています。朝活としてプログラミングを学ぶというスタンスであればうってつけになります。

メンタリングの対応時間、チャット質問の対応時間等もそれぞれ様々ですので、極力時間場所を選ばずに学習できるプログラミングサービスを選ぶことが重要です。最低でも活動予定時間に合わせたサイトを選ぶことは必須と言えるでしょう。

 

メンターの質、教育カリキュラムが整備されている

 

メンターの質、教育カリキュラムの整備状況も選択において重要なファクターとなります。Webプログラミングスクールでは多くのメンターから教えてもらうことが出来ます。そのバックグラウンドは大手Webサービス会社出身者であったり敏腕のフリーランスエンジニアであったり様々です。

また教育カリキュラムについても、きっちりマニュアルが整備されているところ、オンデマンドでメンターの裁量に任せられているところなど様々です。

それぞれに良し悪しがあるので自分にあったものを選ぶことが重要です。

例えばあなたが全くの初心者の場合、マニュアル通りにフルセットで教えてくれるプログラミングスクールを選択肢の一つとして入れるという方法もありますし、具体的に作りたいものが決まっている場合はオンデマンド方式のプログラミングスクールを選択肢に入れるといいでしょう。

学習以外のサポートが充実している

 

意外と見落としがちなのが学習以外のサポート面です。

例えば転職を目的にプログラミングを学ぶ方については、プログラミング自体は手段となります。一部のプログラミングスクールではプログラミングを教えるだけではなくその後の転職についても、保証やサポートがなされているものがあります。

また、起業を考えている人にとっては教室やコワーキングスペースが提供されていることも大きなメリットになるでしょう。多くの同志とコミュニケーションがとれるスペースがあることでアイデアを広げたり、人脈づくりを行えたりするという点が大きなメリットになります。他にも資格サポートなど、カリキュラム外のサポートにも注目です。

お勧めプログラミングスクールランキング

 

1位 Codecamp

 

Codecampのおすすめポイント

  1. 受講者数No1で豪華講師陣、教育カリキュラムが整備されている
  2. 転職、就職に対してプログラマー以外の方向性も検討できる手厚いサポート
  3. 対応時間が7:00-24:00と長く時間を選ばず学習できる

 

Codecampはこんな人におすすめ

  1. 挫折しないように間違いのない人気スクールで学習したい
  2. プログラミングを勉強したいが転職は過去の経験を生かしたい
  3. スクールは時間が合わないとあきらめていた

 

Codecampは国内最大級のWebプログラミングスクールです。これまで数多くの実績があり多くのWebプログラマーを世に排出してきました。教育カリキュラムについてもしっかり整備されており選んで間違えのないサービスナンバーワンと言えるでしょう。

また、対応時間が他のサービスに比べ長いのも選びたい理由の一つです。午前7時から対応可能というサービスは独特であり、朝活としてプログラミングを学びたい人にはうってつけのサービスという事になります。

また、Codecampの最大のメリットはエンジニアに限らない転職サービスにあると言えます。通常プログラミングスクールの転職サポートはエンジニアに特化したサービスとなっています。しかしCodecampではプログラミング能力を活かしたコンサルタントや経営企画職など他の職種への転職サポートも行っています。

今の時代プログラミングができる非エンジニアは非常に貴重な人材になっているのであなたの過去の経歴を生かした職種にプログラミング技術を加えて転職することも一つの選択肢として魅力的です。

Codecampではそのような転職スタイルについてもサポートを行っているのでプログラミングを学びたいけど過去の経験も生かしたいという人にはうってつけのサービスとなっています。

Codecampの全てがわかる。プログラミング学習の料金体系や何が学べるか

2017.09.04

 

2位 Dive into Code

 

Dive into Codeのおすすめポイント

  1. 対面受講ができより密接なコミュニケーションが取れる
  2. 受講後、技術者資格試験サポートがある
  3. AI学習コースが存在する

 

Dive into Codeはこんな人におすすめ

  1. 気を引き締めるために対面受講を取り入れ得たい
  2. 受講後、資格という見える形で自分のスキルを残したい
  3. 普通のWebサービスではなくAIを用いたサービスを作りたい

 

Dive into Codeの最大のメリットは対面受講ができることです。対面でコミュニケーションをとることはWebカメラを使った面談と比べてより密な時間を共有できるため、学習効率を上げるうえで非常に魅力的なサービスです。また実際にあって方向性を決める分、自分に対するプレッシャーにもなり途中でやめるという甘えを許さない環境を構築することが出来ます。

またDive into CodeのユニークなサービスとしてはRuby技術者試験の受験サポートを行っている点です。他のサービスにおいてはGithub上にポートフォリオを作ることをその人の技術レベルの証明としているサービスが多いですが、Dive into Codeでは民間の技術者試験のサポートをすることにより、ポートフォリオとしてのコードと資格という二本立てであなたのスキルを証明するというサービスを行っています。

最後に、AIを学びたいという方はDive into Codeを選択肢に入れることをお勧めします。多くのWebプログラミングスクールはその学習プログラミング言語としてRubyを選択しています。これは、Web業界でのシェアや学習の容易さが理由です。

しかしAIを学びたい場合はRubyという言語よりPythonという言語の方がより先進性が高いため初めからPythonを学習したほうが早くAIを取り入れることが出来ます。Dive into CodeではAIに特化したPythonコースも開講しているのでそちらも選択肢に入れるとよいでしょう。

 

3位 ELITES

 

ELITESのおすすめポイント

  1. コード学習だけでなく開発チームに必要な周辺スキルも身に着けることができる
  2. 演習レビュー型のため実践的なスキルが身につく
  3. コワーキングスペースが利用でき仲間づくりやモチベーションを保ちやすい

 

ELITESはこんな人におすすめ

  1. プログラミングだけでなく必要な周辺スキルも身に着けたい
  2. 考えるよりとにかく手を動かしてスキルを身に着けたい
  3. 同じ目標を持った仲間とコネクションを作ったりコミュニケーションをとりたい

 

ELITESのおすすめポイントはコード学習だけでなく周辺スキルまでも視野に入れた実践的なカリキュラムです。Webサービスを作り出すためにはプログラミングだけではなくLinux等のOS知識なども必要になってきます。

またプログラムのバージョン管理としてGitの知識があればWebサービスの管理がより便利で簡単になります。Slackというコミュニケーションツールは多くのベンチャー、大企業で取り入れられてきており、MySQLはフレームワークでは補いきれないデータベースの細部をいじれるような技術を提供してくれます。

これらの技術を実践型のカリキュラムで総合的に学べるのがELITESの強みです。カリキュラムを終えるころには即戦力のエンジニアとして活躍できる技術が身につきます。

また、コワーキングスペースの存在も大きなメリットです。一緒に学習する仲間を見つけることで学習へのモチベーション向上やコネクションづくりに役立ちます。

 

4位 WebCamp

 

WebCampのおすすめポイント

  1. オーダーメイドカリキュラムで自分の実力に合った学習ができる
  2. 教室通い放題だから忙しいあなたや短期集中型のあなたでも大丈夫
  3. 教室常駐の講師に直接質問し放題

 

WebCampはこんな人におすすめ

  1. 自分に合った最短距離でプログラミングを学びたい
  2. 学習に割ける時間が未定で、スケジュールに柔軟性がほしい
  3. 講師から直接対面でフィードバックをもらいたい

 

WebCampは学習時間が確保できて最短距離でプログラミングを学習したい人におすすめです。教室に通い放題のサービスがあるため、時間をかければかけるほど素早くプログラミングを身に着けることが出来ます。また教室には講師が常駐しているのでコミュニケーションの面でもわからないことを放置しないという点でもお勧めできます。

また教室通い放題というサービスから確保できる時間が未定という方にもおすすめです。自分の確保できる時間に積極的に通う事により無駄なく空き時間を活用することが出来ますし、まとまった時間が取れればそれを学習に当ててしまうという方法もあり非常に柔軟です。

 

5位 techacademy

 

techacademyのおすすめポイント

  1. チャットでの質問の場合10分以内に返答が来ることが多い
  2. コースのセットプランがあり自分のほしいスキルをまとめて学ぶことができる
  3. Unityコースがありゲームアプリ作成を学ぶことができる

 

techacademyはこんな人におすすめ

  1. 詰まって考える時間を極限まで短くしたい人
  2. 作りたいものが決まっていてそのために幅広い知識が必要な人
  3. ゲームアプリを作りたい人

 

techacademyは様々なコースがあり自分に必要なコースを選択して受講できるWebプログラミングスクールです。チャットでの質問に関しては、営業時間内であれば10分以内にレスポンスがもらえることも多く、考えて手待ちになる時間を最小限に圧縮することが出来ます。

またコースのセットプランがある点もおすすめポイントの一つで目的が決まっている場合は必要なコースを複数受講しスキルを手に入れることが出来ます。

またtechacademyではUnityコースも開講しています。こちらはゲーム用プログラミングであるUnityを専門的に学べるコースです。C#という言語を基にしたUnityを学べるスクールは多くなく、ゲームを作りたいという場合には選択肢の一つに入れるとよいでしょう。