自宅にPCのバックアップ用にNASを買いました(Synology DS216j 設定方法)

どもー、cv0629です。

今回自宅でのデータ保存のためNASを購入しました。

購入したのはこちら。

Synology DiskStation DS216j

なんのためにかというと、

  1. データが消えたら仕事出来ない!
  2. SSDの空き容量を確保する
  3. 動画や音楽を保存する

主にこの3点ですかね。

特に1は自分のPCを仕事で使ってる人は、定期的にバックアップを取らないとPC壊れた時に悲惨ですよね。大事なデータや個別のPC設定とか全部消えるし。

我が家は写真とかはAmazon Driveに保存するようにしてるので特に気にせず。

それでは組み立てやセットアップ手順も含めて紹介。

ちなみにMacでのTime Machineの設定方法も書いたので、気になる方はどうぞ。

Synology DS216jでMacのTime Machine設定方法

DS216j外観写真

外箱はシンプルですが、中の緩衝材はしっかり入っており中々丁寧でした。

一緒にHDDも3TBを2本購入。

本体だけどカッコつけて斜めに撮ったらピントずれた笑

横に通気口も兼ねた「Synology」のロゴがカッコイイ。

この他付属品があります。

<付属品>

  • 説明書(結構簡易的)
  • HDD固定用ビス
  • 本体固定用ビス
  • 電源アダプター(アダプタ&配線)
  • LANケーブル(cat5e)←おい!cat6にして。速度変わらんけど。

分解&組み立て方法

左右のパーツを前後でスライドさせると後ろがパカっと開きます。

完全にずらして外すとこんな感じ。

それでHDDを置いてみるとこんな感じ。機器の差し込み口へHDDをちゃんとはめて、HDDの横の丸いゴムパッキンの穴に付属のビスで固定します。

2段構成の人はさらに上に載せる感じですね。

電源の入れ方ですが若干順序あるらしく、説明書には以下の順番で記載されてました。

<電源入れる順番>

  1. 電源アダプターと本体をつなぎコンセントに刺す
  2. LANケーブルで本体とルータを接続
  3. 電源ボタンを押下

初回セットアップ

電源入ったらブラウザ越しで初回セットアップです。下記URLへアクセスすると自分のネットワークにあるSynology機器を自動で探してくれるので、該当の機器を選び接続。

find.synology.com

まずは管理者アカウントの作成。ここはご自身のお好きなように。ただサーバ名は接続の時に使ったりするので分かりやすいものが良いですね。

次は自動アップデートですが、セキュリティ問題とか怖いのでなるべく最新をインストールするよう設定。かつ自分の利用時間帯を被るとうざいので明け方の時間帯を選択。

下段のHDDの健康状態のチェックなどはデフォルトです。

QuickConnectの設定しませんかと聞いてきますが、これは外部からDS216jにアクセスしたい人は便利に使えますよっていう機能。VPN接続とかの話ですね。

僕は外部からは使わないので「次へ」の下の「この手順をスキップする」で先へ進みました。

まぁ推奨パッケージは全部入れときました。それで全ての設定が完了しますと。

Synologyへの統計情報とかは。。。外しました。こういうの全部外すタイプなので。

Synology DS216j すべての設定が完了しました

そうするとWebブラウザでの管理画面が起動します。

なんかカッコイイね。ほんとOSみたい。ちょっとCentOSより良いんじゃないの笑

Macからの接続方法

それでMacのFinderからの接続ですが、恐らくFinderを起動すれば左の「共有」のとこに設定したサーバ名が表示されてるかと思うのでクリック。

そしてFinderの右上辺りに「別名で接続」と表示されてると思うので、クリックして設定したユーザ名、パスワードを入力して接続すればOK。

もし表示されてなかったら自分で接続しに行きましょう。

  • Finder起動、上部メニューバーの[移動]から[サーバへ接続]をクリック

設定したサーバ名に「smb://」をつけて接続。あとはID、パスワードを入れれば繋がります。

てな感じ