フリーランスの資産運用は分散投資がオススメ

どーも、cv0629です。みなさんはどんな資産運用をしていますか?

気になっているけど、持っているお金はそのまま銀行に預けている人がほとんどですかね。

でも最近は利息なんてほとんど付かないので、何か投資したいと考えてる人も多いと思います。特に僕みたいなフリーランスはお金に対する不安は常にあるので、投資することで安定した生活を得たいなんて思ったりしてます。

しかし、投資とか資産運用と聞くと難しいイメージがありますが、だからと言って何もしないのは実はもったいないことでもあるのです。

資産運用に踏み出せない人の多くはリスクが怖いと考えていませんか?

分散投資のメリットとは?

 

投資などの金融商品は一つに絞ってじっくりと時間をかけて育てていくと考えている人もいるでしょう。でも資産運用において上手な方法は「分散投資」を行なうことです。投資ならではのリスクの軽減にも繋がりますし、お互いのマイナス面をカバーすることができます。

投資などの金融商品は日々変わりゆく経済の流れの影響を受けて、いろいろな形で変動していきます。投資の代表ともいえる「株式」「投資信託」「債券」「不動産投資」などは常に一定のものではなく、日々変動しています。

分散投資を行なうメリットには例えば株式で目減りしてしまった時に、債券を持っていればお互いのマイナス分を補うことにも繋がります。分散投資をする際に相場が変わってしまった時に投資配分を調整することを「リバランス」ともいい分散投資にはそれぞれ特性がありますので、その特性を充分に理解した上で行なうことが大切です。

値動きの異なる資産に分散することで収益の安定にも繋げることになります。投資はどうしてもリスクが多いと考えている人は分散投資で挑戦してみると、そういった心配もなく運用できるようになります。

分散投資にも種類がある!

分散投資と一言でいっても種類があります。自分が希望する、流動性のある投資はどれになるのか事前に知識をつけておくことも大切です。

投資商品の分散

バランスを重視した分散の方法で、国内外の株式を運用すること株式と債券を同時に行なうなど投資商品をわけて資産運用することにより分散投資とする方法です。

投資の様々な知識を必要とするので幅広く投資について学びたい人向けです。投資商品を分散することで世の中の動きをより学ぶことができます。

地域を分散する

日本だけでなくアメリカや欧州、アジアなど様々な株式投資にチャレンジしてみることや運用する方法です。

地域を分散することでその地域に何か合った場合でも他の地域にある投資には影響がないというリスクを分散することに繋がります。外貨建て債券や投資信託でこの方法を行なう人も多くなります。

分散投資で積極的に資産運用を

分散投資には様々なモデルがありますが、近年新しい分散投資として流行っているのが預貯金の1割程度に資産運用をおさえFXや不動産投資など積極的に投資に参加する形の分散投資です。リスクを限定的に抑えることができること、資産の一部で行なうので万が一の時にも大損をしてしまう心配がないというのがこのタイプです。

投資ならではのレバレッジを利用して資産運用しようというのがこの方法の根底になるのですが、それぞれの利点を生かすことでより安定的な分散投資になることも間違いないでしょう。

分散投資は今までリスクが怖いから挑戦してこなかった人にもおすすめしたい方法です。

世界的に見ても金融緩和が進められている今、日本だけの小さな市場で投資をしているのは実はとてもリスクが高いもの。

国外は今でも景気回復に向かう傾向にあることを忘れてはいけません。まずは自分にあった資産運用にはどのようなものがあるのか、これなら挑戦してみたいと思える金融商品を探してみましょう。

そのまま預けているだけの貯金ではお金は増えていきません。特に若い世代だからこそ資産運用について積極的に学び参加しましょう。