1日単位だからわかりやすい!日次プランのMVNOを比較しました

どーも、cv0629です。

スマホの料金はMVNOだけじゃなく、docomoやauなどキャリアでも月額プランが主流です。しかし、月額プランではどのくらいデータ通信量を使ったのか把握しにくいデメリットがあり、月末に通信速度規制にかかってしまうことも多々ありますね。

そんな悩みを解消してくれるのが、1日単位で通信量の上限が決まっている日次プランです。今回は、日次プランを提供しているMVNOを徹底的に比較しました。

データ量の管理がしやすいのが日次プランの利点

約30日ある一ヶ月間で、使えるデータ量を管理するのは簡単ではありませんよね。例えば、毎月5GB使えるとして30日なので一日計算で約166MB使えることになりますが、毎日必ず同じデータ量を使うとは限りません。しかも、166MBは自分で管理しなければいけないので、毎日チェックするのは非常に面倒です。

それに比べて日次プランは、1日に使えるデータ容量がはっきりしているので、管理が非常に簡単です。

月額プランでは速度制限にかかると、一般的に次月まで速度制限がかかったままなのに対して、日次プランなら午前0時を超えると一旦リセットされるので、次月までストレスを抱える必要は要りません。

日次プランを提供しているMVNOはそこまで多くはありませんが、最近徐々に増えてきています。今回紹介するのは、この3つです。

  • OCN モバイル ONE
  • ASAHIネット LTE(ANSIM)
  • SkyLinkMobile

 

OCN モバイル ONE オススメ度☆☆☆☆☆

通信品質が非常にいい「OCNモバイルONE」は日次プランの大本命です。日次プランを選ぶ際、このOCNモバイルONEは絶対に外せない選択肢。110MB/日と170MB/日の2つのプランがあり、どちらもプラス700円で音声通話に対応します。

オススメプラン

  • データプラン(110MB/日コース) 900円
  • データプラン(170MB/日コース) 1,380円
  • 音声プラン(110MB/日コース) 1,600円
  • 音声プラン(170MB/日コース) 2,080円

 

仮にデータ容量を使い切らなくても、翌月に繰り越されるサービスがあるので、データ容量が無駄になりません。110MBや170MBはどのくらいなのかイメージしにくいかもしれませんが、目安は動画を30分ほど観ると110MBに達します。

OCNモバイルONEは、日次プランに必要なすべてのサービスを備えた理想のMVNOですね。

OCN モバイル ONEが向いている人

  • 日次プランデビューの人
  • 安心のサービスを受けたい

ASAHIネット LTE(ANSIM) オススメ度☆☆

株式会社朝日ネットが運営するMVNOです。1日に110MBのインターネットが使える日次プランがあります。ASAHIネット LTEの特徴は、何と言ってもシンプルさでしょう。。

オススメプラン

  • データプラン(110MB/日コース) 900円
  • 音声プラン(110MB/日コース) 1,600円

110MBは決して多くはないので、あまりインターネットを使わないという人向けですね。あくまでもメールやブラウジングをする程度ならいいですが、動画を30分以上観る人ならすぐに超えてしまいます。

 

ASAHIネット LTE(ANSIM)が向いている人

  • みんなが使っていないMVNOを使いたい
  • 大手プロバイダが提供するものを使いたい

SkyLinkMobile オススメ度☆☆

あまり聞きなれないMVNOですが、docomo回線を利用した「SkyLinkMobile」にも日次プランがあります。デイリーコースという110MB/日使えるプランが月額980円で利用できます。

オススメプラン

  • データプラン(110MB/日コース) 980円

他の日次プランと比べてやや高いのがネック。SkyLinkMobileが提供するIP電話サービスの「SkyLinkPhone」とのセットなら、月額料金に加えて300円でSMS機能とIP電話が使えます。

SkyLinkMobileが向いている人

  • IP電話とセットで購入予定の人
  • みんなが使っていないMVNPを使いたい

 

cv0629
毎月知らないうちにデータ量を使い切ってしまい、速度制限にかかるという人は日次プランがオススメですね。