WordPress

X serverで複数のWordPressをインストールする方法

更新日:

どーも、cv0629です。

実は今、新たにサイト運営の計画を練ってます。完成したらブログで公表しようか思ったり思わなかったり。

だけど新しくサイト作るためにわざわざサーバー借りるのもお金掛かるし、管理も面倒でバカらしいので、今借りているX serverで複数Wordpressがインストール出来るか試したら上手くいったので紹介。

SPONSORED LINK

まずは新たにデータベース(DB)の作成

サーバパネルでDB作成

まずはX serverのサーバーパネルにログイン、その後MySQL設定をクリック。

database-create1

[MySQLの追加]をクリックして新たにデータベースを作成します。

database-create2

データベース名は何でも大丈夫です。今回は[wptest]という名前にしました。文字コードについてはデフォルトで[EUC-jp]になっているので[UTF-8]に変更しておくことを忘れずに。

最後に右下にある[MySQLの追加(確認)]をクリックしてデータベースの作成を行います。

datebase-create3

DBのユーザ設定

新たにwptestというデータベースが出来たら、次はDBのユーザを設定します。この記事を読んでいる方は既にMySQLのユーザがいると思うので、[アクセス権未所有ユーザ]の項目で追加をしてもらえれば、そのまま既存のユーザが追加されます。

その他、新たにDBのユーザを作成する場合は[MySQL]ユーザの追加をクリック。

datebase-create4

ユーザID、パスワードを入力して最後に[MySQLユーザの追加(確認)]をクリックします。今回はtestユーザを作成してみました。

database-create5

[アクセス権未所有ユーザ] でtestユーザが出てきたら、その下の[追加]をクリックして所有ユーザとして設定します。アクセス権所有ユーザとして名前が載ったら完成です。

datebase-create6

新規フォルダの作成

WordPressをインストールするためのフォルダ作り

データベースの作成が完了した後は、Wordpressをインストールするフォルダを作ります。まずは新規フォルダを作成するためX serverのファイルマネージャにログイン。

そこで今あるサイトのがどこにインストールされているか確認しましょう。デフォルトのX serverでは自分の[ドメイン名/public_html/インストールフォルダ]となっているようです。この[インストールフォルダ]と同じ階層に新しいフォルダを作りましょう。

作り方は右下の[作成]の項目で入力欄へ好きな名前で入力し[フォルダ作成]をクリック。今回は[test]フォルダを作りました。

folder-create1

まぁほんとはディレクリだと思ってるけど…それはまた別の話。

FTPソフトでWordpressのファイルを設置&インストール

まず下記のパスよりWordpressのファイルを入手してください。

WordPress公式サイト

FTPソフトでファイルアップロード

そしたらその圧縮ファイルを解凍しましょう。その次はFTPソフトでファイルのアップロードとなりますが、オススメのFTPソフトは下記となります。

  • FileZilla(Mac用)
  • FFFTP(Windows用)
  • WinSCP(Windows用)

FileZillaはMac用で個人的に使用し、FFFTP、WinSCPは仕事で使用していますが、どれも直感的に使いやすいです。使い方もそれぞれ似ているので一つ覚えれば他のも使えます。今回はFileZilaで紹介。

wp-install

全てアップロードされたら終わりです。

※時々重複ファイルついて聞かれることもあるかもしれませんが、その際は上書きを繰り返すようにすれば大丈夫です。また稀に接続が上手く行かない時があるようですが、そんな時はパッシブモードをアクティブモードにするなど試してみてください。

こちらにX serverのマニュアルもあるので参考にしてください。

X server:FTPについて

WordPressのインストール

ここまで来たら後少し!

まずはブラウザで[ドメイン名/インストールフォルダ]のURLにアクセスし、wp-config.phpファイルを作成します。今回だと[ドメイン名/test]って感じです。そうすると下記のような画面になりますので[さあ、始めましょう!]をクリック。

wp-install1

そして今度はDB情報の入力です。ここは今回作成したデータベース名、DBのユーザ名を入力しましょう。データベースのホスト名についてはサーバーパネルの[MySQL5の設定]下部の[MySQL5情報]-[MySQL5ホスト名]の欄を入力してください。

wp-install2

もうこの辺りになるとブログ等運営されている方は一度経験ありますよね。なので簡単に行きます。

インストールを実行しまして、

wp-install3

サイトの情報を入力していきます。パスワードは入力しなくても勝手に決めてくれるので、お好きにどうぞ。今回はtestサイトなのでインデックスの許可はしませんでした。

wp-install4

パスワードを入力しなかった場合、次の画面でWordpressがランダムに決めてくれたパスワードが出てきますので、忘れずにメモってください。

wp-install5

そしてサイトにログインすると、、、

wp-install6

しっかり/test/のURLで新しくサイトが作れました〜

最後に

WordPressで複数のサイトを管理する方法は実はほかにもあって、マルチサイト機能ってのでも作れたりします。

でも色々と今までの使い勝手が変わってしまったりとオススメしない人もいるようです。

でも今回DBも新しく作って、まるっきり違うフォルダにインストールするのであれば、メリハリもあってわかりやすいのですよね。

それでは良いWordpressライフを!


-WordPress

Copyright© cv0629 , 2017 AllRights Reserved.