Apple

iPhone6を購入前にする3つのこと【さぁ!ビックウェーブに乗り遅れるな!】

更新日:

buy-iphone

どーも、cv0629です。さぁ、そろそろ9月9日のAppleのイベントが近くなってきましたね。今回のイベントでiPhone6が発表されるかもということで、ホント待ち遠しい!

僕みたいに今から速攻でiPhone6に変えようと考えてる人も多いはず。今回はそんな人のために、iPhoneを買う前にしたほうが良い準備を紹介します。初めて買う人もそうじゃない人もぜひ〜

SPONSORED LINK

Apple IDを作ろう!

まずはコレですよね〜アプリをダウンロードする時に常にID認証がいるので必須です。持ってない人は事前に作りましょう!もちろん無料です。

My Apple ID作成ページ

こちらが公式ページになります。「Apple IDの作成」からID作成の画面となります。

で、流れに沿って作って欲しいのですが、注意点が1つあります。パスワードを決める時ですが、大小の英字と数字をそれぞれ1つ以上入れて、かつ最低でも8文字以上の長さでないとパスワードには設定できません。

結構これが忘れやすくて、どこが大文字だったっけ?とかよくあります。決めたら必ず忘れないようにしましょう。

電話帳データの移行方法

最近はLINEとか有るけどなんやかんや電話帳って大事ですよね。昔は全てショップにお願いしてたりしたけど、今ではアプリで出来ます。

今回、「Android→iPhone」の電話帳移行も載せよう!とか思ってたけど、俺Android持ってないから無理なのに気づいてへこんだ笑。なのでここは記事だけの紹介。「iPhone→iPhone」の人は下のiCloudを使ったバックアップで移行できるから安心して〜

【記事紹介】「Android→iPhone」での電話帳移行の方法

じつは超簡単!? ケータイやスマホからiPhoneへの電話帳データの移行方法を紹介!

う〜む、Androidも欲しいなぁ。だれかオススメ教えてちょ。

データのバックアップの取得方法

これは初めて買う人はあまり関係ないかもしれません。でもiPhoneってこんな機能あるのか〜と知っておいても損は有りませんよ。

実はiPhoneのデータのバックアップ方法は2つあります。それはPCに繋いでiTunesを使った方法、iCloudを使ったiPhone単体で出来る方法となってます。今回は単体で出来るiCloudを使ったバックアップの方法を紹介します。

ちなみにこのiCloudを使ったバックアップだけど、何をバックアップできるか自分で選べるのでかなり自由度がある。そこは自分で選んでくださいな〜

iCloudでのバックアップにはWi-Fiを使うんです。

iCloudでバックアップを行うにはいくつか条件があります。

  • Wi-Fi接続されていること
  • 電源につながっていること
  • 画面がロックされていること
  • iCloudの必要な空き容量があること

これらを満たせばちゃんとバックアップを自動でも手動でも取ってくれるんですね。それでは手順はこちら。

まずは「設定」をタップ。iphone1

その次に中段あたりにある「iCoud」をタップ。

icloud1

そして最下部に有る「ストレージとバックアップ」をタップ。

backup1

そうするとiCloudの設定画面になりますので、「iCloudバックアップ」のスライダーを緑色にして、「今すぐバックアップ作成」をタップ。

icloud-bk1

終わって「前回のバックアップ」の時刻が更新されたら完了。もうバックアップは取れてます。

bk-end1

最後に

バックアップって普段は忘れがちだよね。んでデータ無くしたりのトラブルに遭遇した時に「あ、バックアップ取ってたっけ!?」なるの。仕事でもそう。

iPhoneはiCloudで自動でできるから楽ですな。



-Apple

Copyright© cv0629 , 2017 AllRights Reserved.