給料が上がらない、評価が上がらない、そんなこと考えてませんか?

medium_2411121185
photo credit: tokyoform via photopin cc

サラリーマン生活も6年目となり、周りや自分自身を見てきて評価の高い人。

頑張ってるように見えるけど評価の低い人、何となく違いが見えてきました。

もしあなたが「どうも俺給料上がらないなぁ〜」と考えていたら一読してみてください。

去年と同じことしてませんか?

今の仕事を去年と全く同じクオリティ、時間でしてたらやっぱり評価は低くなります。

1つの仕事では、初めて取り掛かる1年目はホントの仕事、

でも2年目以降は作業になると考えてください。

特に事務系の方は顕著で、2年目以降は今までの仕事を更に効率化させて、

新しいこと挑戦し職務範囲を広げることを求められます。

世の中は常に進化しているのに、去年と同じことしてたら相対的に後退してるのと一緒ですからね。

 

 こんだけの給料出してくれたら頑張るんだけどなぁって人

もし今の給料が20万だとして、それを「40万にしてくれたら、倍働くよ。」なんて考えてませんか?

それなら先に今までの倍働いてみましょう。会社に先に求めるのがダメなんです。

自分が先に動きましょう。ギブ&テイクです。

20万で倍働くことを1年続けた人が、次の査定で給料が30万になる。そんな感じです。

与えられた仕事だけしかしない人

もし常に仕事を振られてうざいなぁと思っていたら、振ってくれる人に少し感謝したほうが良いです。

仕事は上から降りてくるものではなく、自分で作ったり、人から取るものなんです。

ぜひ自分で新しい仕事を見つけて、自分で実行しましょう!

 

会社が評価するポイントを知っておく

例えば経理であれば求められる能力は、日々の事務処理よりも、

期末の決算業務の能力だったりします。

その仕事のどこが評価ポイントなのか、わからなければ担当の上司に聞きましょう。

案外自分の認識とずれていたり、自分が考えもしなかったところが評価ポイントだったりします。

最後に

僕のように起業を目指す人が陥りがちなのが、

「俺は社畜じゃないから、会社の言いなりにはならないぜ。でも給料は上げてね。」

そんな人上がるわけないでしょう。会社という組織に属している以上、

自分を評価するのは他人なんだというのを意識は持つべきです。

自分への戒めです。