iemo[イエモ]がDeNAに会社を売却【インテリア専門のキュレーションサービス】

どーも、cv0629です。まさかあのiemoがDeNAに買収されるとは〜びっくらしました。

以前ブログに書いてからどうなったかなぁ、また記事にしようかなぁとか思ってた矢先にこの話題ですわ。

良いきっかけかな。この数ヶ月でどのくらい変化したのか見てみよう。

まとめサイトとして急成長してた!

【関連記事】iemo[イエモ]スマホで探せる素敵なインテリアまとめサイト

サービス開始が去年の年末、それから10ヶ月位でのスピード売却。

それで僕が記事にしたのは14年の4月で、当時はまだキュレーションサービスとしてそこまで盛り上がっていなかった。まとめ記事もそんなに多くなかったし、ユーザが投稿する「いえれぽ」も104枚とかだったし。

それにしても相変わらずまとめの記事はクオリティ高いね。この下のとかすげーおしゃれだもん。

【参考記事】気軽に挑戦!自然から切り取った風景を楽しむテラリウム特集

スマホアプリも出来てた

ん、いつの間に出来たのかな、iPhoneアプリ普通にあったよ。

iemo

iPhone6 Plusだと写真も大きくて見やすいね。

iemo2

なぜDeNAはiemoを買収したのか?

創業からたった8ヶ月でイグジットなんてとてつもないスピードですね。

【参考記事】DeNAがiemoとMERYの2社を計50億円で買収、キュレーション事業に参入

ここで創業者の村田マリさんの発言を引用させて頂きます。

「ここまでは過去の経験でやってこれても、今後、億単位の金額を投資するのは未知の領域。DeNAであれば経験も豊富で、失敗の確率も減る。私自身、IPOに夢がある経営者ではなく、サービスをたくさんの人に使ってもらい、家の作り方を圧倒的に変えたいという思いが強い。絶対にIPOをしなければいけないプレッシャーから解放され、サービスに注力できるのが魅力だった。」

う〜ん、そういう考え方もあるんだなぁ。サービスを沢山の人に使ってもらうためには会社を大きくする必要が有るけど、その過程でIPOで上場ってことになると、色々な利害を持った人が絡んできてサービスに注力できない。

そこを回避するためDeNAの傘下に入るってことね。

シリアルアントレプレナーとして創業者自身の経験に基づく判断ってことで、すごく納得。

最後に

やっぱりiemoといえば期待したいのは、建築家やリフォーム業者などインテリアの専門家とユーザを結ぶ、マッチングサービスだよね。

家を買う時って大きな買い物な割に情報少ないじゃん。リノベーションだってどこに頼もうかってなった時に、会社の数も情報も少ないから探すだけで疲れちゃうわけ。

それがこのサービスを介して良い人、良い会社と巡り会えるようになれれば素敵ですな。

期待してます。