日々の生活

僕が同棲を始める時に2人で決めた今でも続いてる3つの約束

更新日:

dousei

同棲をしようと決めてから1ヶ月後には新居で住んでいた。

実は去年(2013年)の4月頃に、当時の彼女に同棲しようと誘われました。当時彼女は一人暮らしで、僕は一人暮らしから実家への出戻りという状態でした。そこで初めは大体1年後を目標に一緒に住もうと決めていたのですが、誘われた僕のハートに火がついてしまい、なんと1ヶ月後には同棲を始めていました。
短い期間で色々考えなきゃいけないことや、やらなきゃいけないことなど沢山あって、途中で少しケンカした時も有りましたが、それでも最初から良いスタートが送れたなと思いました。そこで僕らがその時決めたことや考えていたことを紹介しますので、少しでもこれから同棲を考えている人たちの参考になればなと思います。

SPONSORED LINK

最初に決めたお金の話

同棲を考えてからお金の話はすぐにしました。お互いがどのくらい出せて、どのように管理するのかと。どうしてもここは簡単な仕組みを作りたいと思っていました。そこで決めたのが下の2点でした。

  1. 新たに二人の生活費専用の口座を作る(僕名義)
  2. 僕が15万、彼女が12万を毎月の生活費として振り込む

わざわざ新しい口座まで作ったのは支出を一つに絞るためでした。よくあるのが彼氏が家賃を払い、彼女が生活費を払うというパターンが有りますが、これだと自分に関係ない支出は気にしないのではと思ってました。お互いの生活をしっかりと同じものにするためにも専用口座は必須と考えていました。

ただ振り込む生活費についてある程度は金額に自由度を持たせてます。これはお互いの仕事にもよりますので。今では僕が18万、彼女が7万と当初より変化してますね。

料理や掃除、家事は向き不向きあるから分担しよう

実は実家へ出戻る前に一人暮らしをしていた時期が僕にもありました。当時、自炊もしたり3食しっかり食べていたのですが、実家へ帰るたびに母から痩せたと言われ続けていました。そんな時ふと体重計に乗ったらびっくりしました。それまでの体重から約6kgも落ちていたのです。
そんなこともあって料理に対しては苦手意識があります。しかし彼女のほうは結構楽しく毎日料理しているようでした。そのため同棲するにあたって僕は”料理しない”宣言をしました。しかし洗い物や風呂掃除といった家事は得意なので、そっちを色々やると言いました。今でもこれは続いていて毎日洗い物は僕がしてますよ。でもこのわがままレベルの発言を受け入れてくれた彼女には感謝してます。これからは少しずつ料理も出来るようにしてきたいところです。

日々の家計については彼女、大まかな方向性については僕

日々のお金の管理については全て任せることにしました。僕は専用口座だったり、金額だったりと二人が快適に過ごせる仕組み作りに徹してます。正直口座については月次で残高を聞くくらいで、そんなに気にしてません。クレジットカードも渡しているのでバレずに使い込むことも出来ると思うのですが、今のところしてないみたいですね。ある程度彼女に裁量権を渡してたり、二人のお金の使い道に関してもしっかりを摺り合わせをしているので、そんなに不満も持たれてないみたいです。

後日談

同棲を初めてから半年後、僕らは入籍しました。よく同棲してるとズルズルと過ごしてプロポーズするタイミングを見失いがちと言いますが、僕は二人が付き合い始めた記念日にプロポーズしました。そこから1ヶ月して入籍って感じで半年ですね。

なので最近ちょうど結婚して4ヶ月経ちましたね。今のところ楽しく過ごしてます。そろそろ子供ほしいな〜なんて考えたりしてますが、そこは無理せずゆっくりと行きます。

-日々の生活
-, , , ,

Copyright© cv0629 , 2017 AllRights Reserved.