Blog運営 WordPress

みんな大丈夫?WordPressバックアッププラグイン、BackWPup設定解説【Drop box使います】

更新日:

定期的にバックアップ取ってますか?

バックアップって結構怠りがちですよね。かくいう僕もこの記事書くまでバックアップしてませんでした。

でもサーバーのディスク破損とかの話は聞いたことあるし、以前にはファーストサーバの障害なんてのも有りましたからね。なにか起きた時のための保険です。取りましょうバックアップ!

そこでWordpressのバックアップについて調べたらプラグインで簡単に取れるんですね。今回はその中でも使い勝手の良いBackWPupの設定方法を紹介します。BackWPupの特に良い所はDrop boxを保存先に設定できることです。保存先は全く違うところにしないとバックアップの意味ありませんからね。

SPONSORED LINK

設定方法&使い方

BackWPupインストール方法

管理画面の[プラグイン]-[新規追加]-[Backwpup]と検索します。検索結果の1番目にfreeと書かれた無料版が出てくるのでプラグインを[今すぐインストール]して[有効化]します。

 新規バックアップ設定

左側の[BackWPup]-[Add new job]から新しいバックアップ設定を作ります。

一般設定[General]

backwpup-general

  1.  取るバックアップ内容、[Database backup]、[File backup]、[WordPress XML export]、[Installed plugins list]の4つにチェック入れてください。
  2. バックアップファイルの名前についてです。デフォルトで大丈夫。
  3. バックアップファイルの圧縮フォーマットです。ご自身のPCで扱える形式のものにしてください。
  4. バックアップの保存先です。今回はDrop boxへと保存するため[Back up to Dropbox]へチェック入れてください。
  5. バックアップの履歴を送るメールアドレスです。お好きなメールアドレスで大丈夫です。

 スケジュール[Schedule]

backwpup-schedule

  1. [with WordPress cron]にチェック入れてください。
  2. バックアップ取得周期についてです。僕は毎日にしました。

データベースバックアップ[DB Backup]

backwpup-db

  1. 取得するデータベースについてです。[all]にチェック入れてください。
  2. バックアップのファイル名はデフォルトで大丈夫。下の圧縮は任意でどうぞ。

取得するファイルについて[Files]

backwpup-files

  1. バックアップ取得のファイルになります。基本はそれぞれの項目も1番上の選択肢にチェック入れておけば大丈夫です。下のExcludeは締め出すという意味になるので必要ないものが有ればチェック入れてください。
  2. ここはクローラに必要なrobot.txtも含まれているのでチェック入れてください。

XMLエクスポート[XML export]

backwpup-xml-export

  1. [All content]にチェック入れてください
  2. ファイル名はデフォルトで大丈夫。圧縮は任意でどうぞ。

プラグイン[Plugins]

backwpup-plugins

  1. ファイル名はデフォルトで大丈夫。圧縮は任意でどうぞ。

Dropboxへの設定[To:Dropbox]

backwpup-to-dropbox

  1. Dropboxへの認証となります。[Reauthenticate(full Dropbox)]にチェック入れてください。先にDropboxへログインしておくのも忘れずに。
  2. Dropboxのフォルダ名になります。お好きな名前にしてください。その下は幾つバックアップ世代を作るかです。僕は15にしました。

以上で設定は終了です。

余談:

今回バックアップについて調べていて、最初はレンタルサーバのバックアップサービスに申し込もうと思ったんです。僕はX serverを使っているんですが、バックアップ取るのにお金掛かるんですね。なんとデータベースとサーバ領域データの2種類で16,200円でした。見た瞬間急いでブラウザを閉じましたよ。

改めて、プラグインってすげ〜!

-Blog運営, WordPress

Copyright© cv0629 , 2017 AllRights Reserved.