冬はエアコンが暖房の電気代も安く抑えられるのでオススメ

hotterphoto credit: RLHyde via photopin cc

どーも、cv0629です。もうだいぶ寒いですねー、ホントは朝活でブログ書こうと思ってるのに寒すぎてベッドから出られません。

電気代も秋に比べてかなり増えてきてました。冬の電気代というと大半を占めるのが暖房費なのですが、今年は去年の同じ時期に比べて急に電気代が跳ね上がってしまいました。なんでかね〜

エアコンとカーボンヒーターは消費電力が全然違う

去年の11月の電気代は5,256円だったのですが、なんと今年は7,922円でした。妻から聞いた時びっくりしちゃった。だけど一体何があったのかなと思ったら、そういえば使ってる暖房器具が違うことに気づきました。

 エアコンとカーボンヒーターの消費電力の比較

去年はエアコンをよく使ってたのですが、今年は最初からカーボンヒーターを使ってました。まぁこんなタイプです。

heater

遠赤外線ですぐに暖かくなるので、寒い朝には起きたらすぐ最大パワーで使ってます。消費電力を見ると我が家のカーボンヒーターは 600W〜900Wの4段階で調節できるタイプとなります。

そして対する我が家のエアコンは三菱製8畳のごく普通のタイプ。性能表示を確認したらなんと545W!

三菱-エアコンMシリーズ消費電力一覧

カーボンヒーターの最低限より断然低いやんっ。これなら同じ時間使ってても電気代に差が出るのは当然だよね。しかもエアコンの良いとこは、部屋全体の空気が暖まるのでどこにいても暖かい。カーボンヒーターだと少し離れるだけで寒くなるもん。

エアコンのオススメの使い方

でも中にはエアコンは暖かくなるのに時間が掛かるという人もいると思う。そういう時はタイマー機能を使うのがオススメ。

最近は30分刻みで設定できるので、家に帰ってくる前に付いているようにすれば、外出から帰ってきても寒い思いもせずに大丈夫。

1番オススメなのはカーボンヒーターとの使い分け

だけど、個人的にどうしてもカーボンヒーターの直ぐ暖かくなるのも捨てがたい。なので僕はこの2つの使い分けをオススメしたい!

直ぐ暖かくなりたい時や少しの時間だけ使う時はカーボンヒーター、例えば朝に着替える時にパッと暖かくなればすごい役立つよね。そして家でリラックスする時はエアコン。長時間使うので暖かくなるのに時間が掛かっても、消費電力が抑えられる方がいいよね。

最後に

ほんとは囲炉裏で焚き火とかしたいんだよね。さて次回は寒さ対策でも書こうかな。